皆さまおはようございます。
今週も天気に恵まれ、屋外での活動も問題なく行えました。

さてさて、早いもので、もう6月。
今シーズンも、気がつけば6回ほどの活動回数を消化しました。

この「アレグラン日記」でも書きましたが、

アレグランの活動目的は子どもたちの成長です。 (=゚ω゚)ノ

成長とは・・・

もちろん、体が大きくなることが成長でもあるのですが・・・

それは、しっかりと食事を摂り、
きちんと睡眠時間を設けることで
自然に叶えられるものです。

ただ、アレグランが目指している成長とは・・・

『心』の部分です。( `ー´)ノ

「心が変われば 態度が変わる」

といわれています。

そして次に

「態度が変われば 行動が変わる」

といわれています。

4月中旬からスタートして、約1カ月半。

どのくらい子どもたちは成長したでしょうか?

活動中に、こっそり撮影した画像を確認しますと・・・
少し変化がありました!

お話をきく
「指導者のお話を聞くこと」・・・

これは昨シーズンから丹念に取り組んできたため
クラブの子どもたちの中に充分浸透してきました。
(最近、「お話を聞こうね」という注意は必要なくなりました!) (・o・)

ただ・・・
聞くことはできるのですが・・・
質問を投げかけても、手が挙がらないところが課題でした。

お話を理解する
 (゜o゜)
しかし、今週の木曜日・・・

指導者の質問に、
手が挙がるようになっているではありませんか!!


これは“撮影用”に強制的に挙げた(挙げさせた)わけではありません。 (>_<)

子どもは、6回程度のアレグランの活動の場だけの
大人からのアプローチで(環境だけで)、変わったのでしょうか?

それは、はっきりとはわかりません。

しかし、話を耳で聞くだけではなく、
「頭で考えること」が大切なんだよと、
と毎回諭し、
“問いかけ”を続けてきました。

そうすれば・・・
このように、徐々に質問に対しても反応が返ってくるようになりました! (^^)v

正に継続は力なりですね!!