皆さま、こんばんは。

 

 

前回アップしました記事の参照画像・・・

 

中島翔哉 選手(プリメイラ・リーガ:ポルトガル/ポルティモネンセSC)

 

堂安律 選手(エールディヴィジ:オランダ/FCフローニンゲン)

です。

 

 

 

中島選手は残念ながらケガのため

 

今大会は不参加ですが

 

堂安選手はレギュラーメンバーでがんばっています。

 

 

現在、正に

 

AFCアジアカップ UAE2019が佳境に入っています。

 

日本代表は準々決勝まで進みました! (/・ω・)/

 

↧↧↧

 

http://www.jfa.jp/samuraiblue/asiancup2019/

 

 

がんばれニッポン‼

 

 

 

・・・

 

 

 

アレグランは

 

日本代表を意識します。

 

 

 

日本代表??  (・・?

 

 

 

❓❔❓

 

 

 

「それいけ、やれいけ、目指せスター!」

 

ではありません!!

 

 

 

 

“先の姿(将来)を想像”した

 

プレーヤーの育成

 

人間の育成

 

に努めているということです!

 

 

 

 

 

先とは❓

 

 

 

 

 

それは

 

来月や

 

半年後や

 

来年ではありません。

 

 

 

 

一人前の大人に成長した時。

 

 

 

 

サッカーで言えば

 

 

・・・

 

 

正にA代表。

 

 

 

 

 

 

だから

 

 

・・・

 

 

アレグランは

 

遠くの未来の姿を

 

いつも想像しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、

 

なぜだか

 

人間は

 

未来を想像できず

 

目の前のことに

 

囚われてしまいます。

 

 

 

 

 

真の意味で

 

今(現在)を

 

大切に過ごすことが

 

なかなかできません。

 

 

 

 

果たして現在、

 

チームでカップを掲げたり

 

賞を獲ったりすること・・・

 

それは

 

子どもの将来が保証されたこと

 

になるのでしょうか?

 

 

 

 

 

将来の姿

 

 

・・・

 

 

正しくイメージできますか?

 

 

・・・

 

 

 

 

 

子どもは

 

基本的に

 

何も

 

分かりません。

 

(決して、子どもを見下しているわけではありません!)

 

 

 

 

その理由・・・

 

子どもは

 

良くも悪くも

 

常識や概念がないから。

 

 

 

 

だから大人が

 

正しい観念で

 

正しい環境を与える

 

必要があります。

 

 

 

 

『真の意味での子どもたちの将来』

 

を強く意識して、

 

アレグランは2019年も

 

歩んでいきます!